2009年06月08日

恥ずかしながら

どっかの人がやたらと自作(?)の詩を載せまくっていたので、自分の日記に恥ずかしげもなく歌詞なんて載せるその気持ちを理解しようと思ったのが始まり。

まぁ何が言いたいかといいますと、ワシも以前思い付きで作った歌詞でも載っけてみようかな、と、そういうことです。



たしか一昨年辺りに、『陽坂』第四部の構想を練っているときに考えたやつです。
そこでの主要新キャラは一部の人にはお馴染みの紗弥と七海で、『陽坂』では七海は世界を股にかける売れっ子の歌姫という設定でした。
そういう設定を作ったんだったら歌の一つや二つ考えないとなぁということで即興で思いついたのがこの作品。
この歌で世界とか取れるかどうかはさておき…。

イメージ的にはピアノとソリストのみの、二人だけの曲。
テーマは『旅立ち』です。



〜Fly High〜

作詞:天使 七海   作曲:煉城 紗弥



朝霧の向こう 太陽におはよう
旅立ちの日の朝は いつもより早起き

朝食の団欒 変わらぬ笑顔
この味も笑顔も声も しばらくお別れ

「いってきます」 「いってらっしゃい」 いつもの挨拶
だけど「ただいま」と言える日は遠いね


Fly High…
もっと 高く
Fly High…
もっと 遠く
羽ばたくわたしになるから
泣かないで
笑ってて
「ありがとう」




改札を抜けて ホームに佇む
ドキドキとワクワクが この胸で高鳴る

見慣れた看板 見慣れぬ電車
車掌さんに手を振って ふと空を見上げた

「負けないよ」 「頑張るよ」 お日さまに誓う
だから どこにいても 優しく照らしてね

Fly High…
もっと 熱く
Fly High…
もっと 強く
輝くわたしになるから
泣かないよ
笑顔だよ
「さあ行こう」


Fly High…
もっと もっと
Fly High…
もっと もっと
素敵なわたしになって
帰るから
言うからね
「ただいま」



メロディのイメージとしては、伸びやかで澄んだ歌声の女の子が劇場とかでオン・ステージやってる感じですかね。

あくさんとぢょんさんには、こう言えば分かるでしょうか?
リコッテの「ありがとうのうた」。
あんな感じです。
ぜひとも佐藤ひろ美さんに歌ってもらいたい(笑)







…ああ、意外と恥ずかしくはないですね。
むしろ今後コメントとか来たりすると恥ずかしさマックスになっていくんだろうなぁとか思ったり。


posted by 江戸川テン at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。