2009年08月11日

ナツユメ終了

PCゲーム『ナツユメナギサ』(サガプラネッツ)。


夏が終わりました。


細かい話は別に。










はい。
さっき終わったんですが、感想としましては、まずワシが今までやったゲームの中でもトップクラスに練りこまれたシナリオに感服。

羊→真樹→はるか(この後で歩の01と02)→つかさ→歩(03と04、ナツユメ)、という流れでプレイしましたが、案外ベストな流れだったんじゃないかと。
一番謎が多そうだった羊を最初にやれたのが大きかったです。

好きな順に言うと、キャラクターでは、

羊>はるか≧真樹=つかさ>>>>>歩。

シナリオでは、

羊>つかさ>真樹(二つまとめて)>>>歩>はるか。(ナツユメはこの中にはあえて入れません)

でした。
残念なのは歩。メインで、いろんな意味でプッシュされているキャラなんでしょうけど、ワシ、こういう子嫌いなんです…。

と言いますか、幼馴染ヒロインって基本的にダメなんですよ。
昔からお互いを知ってて、だから恋愛方面に発展しづらくて…みたいな流れが大半じゃないですか?
でもワシ(プレイヤー)はそんな『いままで』なんて事細かに知らないわけで…いちいちいらついてました、渚と歩のやり取りに。

歩ストーリーはほとんど流し読みでしたね。ほぼ四人と保健医しか出なかったんですもの。あとペンギンか。
「羊分が足りねぇ…」とか呟きながらやってました。まぁ足りないどころか全く無かったわけですが。

世界の謎は、はるかの後になんとなく気づいて(あ、これリトバスっぽいな…と)、つかさを終えた時点でほぼ予想が付き、最後は案の定ワシの嫌いな流れでのエピローグでした。
誰かがいなくなるとか死ぬって言うのは本当に嫌いで、はるかシナリオでもそうだったんですが、終わった後に軽く鬱になるんですよね。

でも、それでも、素晴らしいお話だったことに違いは無いです。
謎らしい謎はもう残ってませんし(真樹と月島のアレは面白かったです)、まぁあえて言うならアリアさんこと有田さん…彼女の母親って、はるかだったんでしょうか? とか、はるかシナリオラスト近くのあの怒涛の展開はなんぞや(いきなり子供ができるとか)? とか、まぁそんな程度です。

残念なのは一つだけ。
これではファンディスクの作りようがないなぁ…と。
また羊と遊びたいんですが、なかなか難しそうだなぁと考えました。

とりあえずビジュアルファンブックはさっさと出して欲しいです。
サガプラにメールでも出せばいいんでしょうか?





さて…来年一月のガタケに出ようかとは思ってますが、新刊はナツユメの羊アフターストーリーにでもしましょうか? >あくさん

近いうちに絵でも描いてアップしようとも思ってます。

とにもかくにも、ワシのゲーム史に残る作品でありましたので、それに携わった我が戦友・姫ノ木あくさんとサガプラのスタッフさんに無上の感謝を。



ということで…おやすみなさい。


posted by 江戸川テン at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。