2009年08月28日

初心って大事

ルキの性格がほぼ固まりました。
可奈と明日真、両方のいいとこを組み合わせた感じにしようかと。まぁそれだけだとなんか普通に好かれやすさを重視したようになっちまってるので、細部は書きながら組み上げていくって感じでいきましょうか。


それにあわせて、ビジュアルも「案1」よりも結構変えます。
頭では完成しているので、公開をお楽しみに。
非常に江戸川っぽくなりそうです。


ところで、アンディがバイトしている居酒屋の奥さん(オーナーの奥さん)とか常連さんに、ワシの小説読ませてほしいってオファーを頂きました。
現在進行形で『陽坂』を印刷しているんですが、そのかたわら、ちょっと読み返してみたら不覚にも笑ってしまいました。
これ自分が書いてるって思わなかったら普通に好きだなぁとか本気で思いました。自画自賛とかではなく、素で思っちまいました。


この頃はただ「面白いものを! 面白いものを!」って一心で書いてたんだよなぁ…とか。

今回も三人称で書こうか一人称で書こうかと悩んでましたが、やっぱ一人称こそ自分の持ち味を活かせるだろうってことで、そういう意味でも初心に帰ってこの作品を創り上げようと思いました。

目下、萌えとは何かを勉強中です。
萌えを作品のテーマの一部として扱っている以上、読者にはそれなりに萌えを感じていただかないと困るのです。
キャラも、もう一ひねりも二ひねりも必要でしょうし、そういう意味ではとっととルキのビジュアルを完成させて脳内で色々なストーリーを展開させ、なおかつそれを彩るにふさわしいサブキャラを創らねばなりません。
勢いだけだったらきっと一ヶ月くらいで完成できるのでしょうけど、それだと味のないものになりそうですからそんなに早くは書きません。
今は下積みの時間です。
妥協なく、誰が読んでも面白いものを書き上げるための。

ってことで、しばらくは様々なものに手を出すつもりです。
そしてそこで得たものは全て自分の力にしなければなりません。
今までは「そんなことに時間使うくらいなら…」とか、「ハマったら後が怖いから…」とか、そういう理由で敬遠してきましたが、今後は違います。
全て勉強だと思って挑みます。

とりあえずは、人気のあるアニメをざっと観ようかと。そんで何が人気の理由なのかなぁとか、自分なりに考えてみます。
ワシってそもそもアニメは全然観ない人間なのでね〜…意外でしょうけど。



うん、なんか楽しくなってきた。


【関連する記事】
posted by 江戸川テン at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ごくもえ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。