2009年09月01日

たったひとつ、だけど世界一の宝物


ハモネプ見てました。
あまりの美しさにちょっと泣きそうに(苦笑)


こういう人たちって、なんか輝いてますよね。
うらやましいって言いますか、あの輪に加わりたくなります。

それはたぶん、彼らが素晴らしい輝きを放っているからだと思います。

練習は大変だったでしょう。衝突もあったでしょう。嫌になって諦めそうになったこともあったでしょう。
でも、それでも仲間と自分を信じて頑張ってきたからこそ、あの輝きがある……そう思います。


何かに打ち込んで、明け暮れて、そしてそれをやり遂げて、結果を出す。
どんなジャンルのものでもこの流れはなかなか上手くいくものではないですよね。

ワシの場合はどうでしょう。
絵? それとも小説?
どうせなら両方、打ち込んで明け暮れて、やり遂げてみたいですね。

江戸川テン、○○小説大賞、大賞受賞!
みたいなテロップが、ワシの小説と絵を応援してくださっている全ての人の下へ届けられるように、そして何より自分の夢を叶えられるように、これからも頑張っていこうと思いました。


posted by 江戸川テン at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。