2006年11月01日

練習練習

お久しぶりです〜…と言いましても数日ぶりですが。


ここ最近はリアルの方が忙しくて、まともにパソコン起動してませんでした。家に帰るのが一時だったり二時だったりしてね…。それに忙しいと言っても半分くらいは遊んでただけですが。絵とか描いてたし。


練習せにゃならんですよ、練習。
何がって、立ち絵の練習ですよ。いえ別にゲーム原画の仕事が来たとかそういうんじゃないんです。MF文庫に送った『陽坂』は音沙汰ないですし。
ただ単純に、もっと練習せねばならんと思い立っただけです。

ワシって、そこそこ絵は描けるんですが、やはり他の人と比べると見劣りする部分が多大にあるんですよ。特に全身の立ち絵。
ポーズつけるとか躍動感のある絵とか言う以前に、ちゃんとした全身を描けるようにならないといけないことに改めて気付きました。
資料見ながらでないと全く描けないんですな、ワシ。

資料見ながら描いた絵(↓)

Rensyu~073.jpg

上半身とか手とかはちょっとマシになったんですが、下半身、特に足が不安材料。スラッとした足がソラで描けるようになりたいです。
始まりは三頭身絵からだったので、気を抜くと足が平行線になるんですよワシ。
大根足って言うんですか?
あとね。


内輪限定で読ませている『陽坂高校文芸部』も第二部が中盤に入り、新キャラも出揃ってきて、描きたい絵がどんどん出てきたんですよ。
「こういう感じの絵」ってのは頭にあるんですが、それをいざ描こうとすると上手くいかないんです。一から十まで資料に頼り切った絵ばっかり描いてたら、上達しませんからね。つーか資料ナシだと何も描けなくなるんじゃないか?
昔は一から十まで資料ナシでガリガリ描いてたのになぁ…(でもそういうのって今見返すと燃やしたくなります、下手すぎて)。
ホント、こーゆーのは練習するしかないんですよね〜。



そうそう、先日活動を休止した『ねこねこソフト』ですが、スタッフさんの一部が集まって新しいブランドを立ち上げちゃってくれました。わー。
名前は『コットンソフト』さんです。
なんか地球に優しそうな名前ですよね。コットンソフト100%。

んで、デビュー作を引っさげてきてくれてます。
なんつーか、かなり楽しみです。絵もキレイですし。


ワシも頑張らんとな〜。


posted by 江戸川テン at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | リオ・プロジェクト業務報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。